2010年02月16日

縮毛矯正時の、カラーの褪色

■縮毛矯正・パーマ剤の種類と、ヘアカラーの褪色の関係■


A、明るい色にするヘアカラーは、「酸化染料」+「アルカリ」を「過酸化水素」と、酸化反応させて、明るく発色させ、色素定着をさせます。

B、暗い色に染めるヘアカラー1、は、Aと同じで、色素が暗いものです。

C、暗い色に染めるヘアカラー2、は、「酸化染料」だけを「過酸化水素」と酸化反応させて、色素定着のみさせます。


(暗くする場合は、Cの方が傷みが少なく、自然褪色も少ないです)

(ヘアマニキュア・ヘナを含めてしまうと複雑になってしまいますので、ここでは割愛します。)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


a、縮毛矯正剤1は、「還元剤」+「アルカリ」で、髪をふやかし、髪内部の結合をほどきます。 その後アイロンの熱と2剤で、酸化定着させます。

b、縮毛矯正剤2は、「還元剤」のみで、髪内部の結合をほどきます。 その後アイロンの熱と2剤で、酸化定着させます。



**********************************************************************

※ 還元剤=縮毛矯正やパーマなどで、髪の内部の結合をほどき、ストレートやカールの形状にしやすくするもの。

※ アルカリ=縮毛矯正やパーマなどで、髪を膨潤(ふやかす)させて、還元剤が浸透しやすくするもの。
  還元剤の種類によっては、必ずしも必要でなく、膨潤することで傷みに繋がる。
  明るくするカラーには必要。
  暗くするカラーには、必ずしも必要ではない。

※ 膨潤=アルカリでふやけて膨張すること。

**********************************************************************


ご存じの方もいらっしゃると思いますが、酸化と還元は、逆の反応です。


ヘアカラーで、酸化定着した色素は、縮毛矯正1剤の還元作用で、ほどけて、色素が一度ほぐれます。(薬液塗布時に明るくみえる)

でも、その後のアイロン工程で80~90%、2剤で20~10%、酸化発色します。

ですので、bのアルカリを用いない縮毛矯正では、ほとんど褪色しません。


一方、aのアルカリ縮毛矯正ですと、還元~酸化 の工程はあるものの、アルカリで髪が膨潤して、ヘアカラーの色素が外へ流れ出てしまいます。

また、髪の傷みも進みますので、髪がスポンジ状にスカスカ空洞が出来て、ヘアカラーの色素が定着しにくくなります。


コールドパーマやデジタルパーマでも、薬液がアルカリの場合は、同様にヘアカラーは褪色しやすいです。

ですが、アルカリを避け、酸性~中性域で、コールドパーマやデジタルパーマをかけますと、褪色は防ぐことができます。


このような仕組みで、ヘアカラーは、通常、縮毛矯正やパーマのあとに、褪色するのですが、傷みも褪色も最小限にするには、施術時にアルカリに触れないようにすることが重要です。


還元剤は、以前より進化していますが、あいかわらず、「アルカリ」の薬剤は、現在でも主流です。


美容室の「施術時間の短縮」「コスト削減」と、それに合わせて、メーカーも「より売れるもの」を作ってしまう、という流れで、本当に髪に優しいものは、普及しないのが現状なのです。


vivaceでは、褪色部分へのトーンダウンのヘアカラーや、コールドパーマ、デジタルパーマ、縮毛矯正において、アルカリを出来るだけ避け、酸性~中性域で、ヘアスタイルを作っています。

アルカリの傷みは、元には戻りません。

一回でも少なく、少しでも低アルカリに、そのように美容室で施術していくことが、いつでも髪がきれいに、お手入れしやすく、みずみずしい潤いを保持できる、秘訣なのです。


今回も、ちょっと難しい用語が並んでしまいましたね。(^o^;) 

できるだけ、噛み砕いて「ヘアカラーの褪色と、縮毛矯正・パーマの関係」を書いてみました。 (^-^) 



2010年02月16日

縮毛矯正時の、カラーの褪色を、2重にアップしてしまいましたので、次の

http://www.hair-vivace.com/mt/HAIR-VIVACE---Blog---/2010/02/post-200.html


を、ご覧ください。

いつも縮毛矯正をしても伸びないそう・・・

0f4c1d19.jpg
初めてご来店いただきました。 (^-^)  


いつも、縮毛矯正をしてもきれいに伸びなくて、インターネットでvivaceを見つけてくださいました。

かなり縮毛矯正のアルカリで傷んじゃってますね・・・泣 (>_<)


今までの縮毛矯正では、還元(クセをほどく)する前に、アルカリ膨潤してしまってクセが伸びない・・・という繰り返しだったようです。


・クセが残っている部分は、若干改善できると思います。

・還元もアルカリ膨潤も、髪の限界を超えてしまっている部分は、少しずつ切りながら生え換わりを待ちましょう。

・あとは、どのくらい改善できるかは、やってみないとわかりません。

・でも、確実にいつもよりは、いい感じになると思います。


とお伝えしました。  o(^-^)o 


いつものように、vivace特製リアニモで、アルカリ膨潤させずに、クセをほどいていきます。

じっくり・・・じっくり・・・


アルカリの縮毛矯正ですと、じっくりクセがほどけるのを待てません。 

どうしてかといいますと、アルカリで先に髪が溶ろけてきちゃうからです。


アルカリカラーの重なりもあるでしょうから、一般的なアルカリ縮毛矯正の美容室では、塗布後すぐに髪がやわらかくなって、あわてて「すすぎ~アイロン工程」に入ってしまうのです。

次回も、クセが伸びていないから、また既縮毛矯正部に、薬液を塗布してしまう・・・


毎回、悪循環を繰り返してしまいます・・・o(>_<)o


vivaceでは、弱酸性の縮毛矯正剤で、アルカリ膨潤させないで、クセだけをほどいていきます。


そうすれば、伸びにくいクセの方も、みずみずしさを残したままで、縮毛矯正ができます。

M3Dなどのコーティング剤や、添加トリートメント成分で、仕上がりの質感をごまかすのでなく、はじめからアルカリ膨潤させなければ、素髪でもきれいでいられます。


2~3年して、髪が生え変われば、スーパーのシャンプーでも大丈夫です。

(vivaceに出入りしているシャンプーメーカーさん、ごめんなさい (*^o^*)・・・笑)


結果は・・・


上の方は、だいぶ良くなりましたね。

中間~毛先は、地道にカットしながら、生え換わりを待ちましょう。(^-^)

今までは、結ばないとだめだったそうですが、これくらいきれいになれば、下ろしておいても大丈夫ですね! (^-^)


次回もまた一歩、きれいな髪にしていきましょう! o(^-^)o 

千葉市から、久しぶりに来てくださいました

f974f584.jpg
千葉市から、久しぶりに来てくださいました~。(^o^) 

以前に資生堂のコンテストでモデルをやってくれた子です。(高3のときだったかな)


「昨日、地元で切ったら、変になっちゃって・・・(;o;)。 直してもらおうと思ってvivaceきました。(^o^) 」と。

お~!はるばる遠い所までありがとぉ~ びっくりびっくり。 (*^o^*) 


それよりなにより、ちっちゃい女の子も一緒で

いつの間にか、ママになってて、さらにびっくり。(*^-^*)


中2くらいから切ってる子なので、なんだか不思議な感じ・・・笑。

もう○○才だって。

うはぁ~ またびっくり。


「昨日、ロングからボブにしたらパッツンにはなっちゃうし、カラーもしたから傷んじゃって・・・」


短くなってもいいから、カッコよくして欲しいとのこと。 o(^-^)o 


先の重いところを、全体的にそれぞれテーパーして(毛量調整)、シャープな前下がりボブにしました。

パサパサしていたので、ラメラメトリートメントで潤い与えてツヤツヤに。☆


うんうん。らしくなった~


遠いけど、時間作ってまた来てくださいね~! (^o^)/


初めての縮毛矯正と、弱酸性デジタルパーマ

0111a2b0.jpg今までも、vivaceでデジタルパーマをかけていた方なのですが、クセがあるために上の方がボワッと膨らみやすかったそうです。

今回は、初めての縮毛矯正にチャレンジ。 o(^-^)o 

プラス、耳上くらいから、ふんわり大きくデジタルパーマもかけました。

ハイトーンのカラーなので、弱酸性の縮毛矯正と、弱酸性のデジタルパーマで、優しくかけてみました。

写真のようにハンドブローでも、乾いた後ほぐすと、ふんわりクッキリカールがでますね。 (^-^) 

上も広がらなくなりましたので、しばらくヘアースタイル楽しんでみてくださいね。 (^o^)/ 

2010年02月07日

縮毛矯正のダメージはブリーチよりも大きいですか?■ご質問■

縮毛矯正のダメージはブリーチよりも大きいですか?、というご質問のお答えです。 (^-^)  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■ご質問内容■

縮毛矯正のダメージはブリーチよりも大きいですか? 

最近男性のみならず若い女性の薄毛も増えてますよね。

自分は天然パーマで、年に三回くらい縮毛矯正を掛けていました。

10代のひどい時期はハイブリーチに縮毛矯正を頻繁に掛けたりもしていて、
毛量が多過ぎると美容師さん泣かせだった頭も最近ボリュームが減ったような気がします。

そこで、外的なことで頭皮にダメージを与えることはもうやめようと思うのですが、
ヘアカラー・ブリーチ・ストレートアイロン・縮毛矯正はそれぞれどのくらいの頭皮ダメージがあるのでしょうか?

ダメージが大きい順にすると、ハイブリーチ・縮網・カラー・アイロン、でしょうか。

梅雨前に年一回だけ縮毛矯正を掛けるだけでも頭皮にダメージは残るのでしょうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●ご質問のお答えです● (^-^)  


■縮毛矯正の場合は、基本的に、頭皮に薬液を付けず、1cmあけて塗布しますので、頭皮には、影響ありません。

頭皮に薬液が触れないとしますと、抜け毛の原因になったり、発毛の妨げになったりはしないということです。

でも、薬液塗布を 雑にしてしまったりすると、頭皮についてしまいますので、断毛の原因になったり、頭皮を刺激したりしますので、美容師さんの几帳面さ丁寧さが必要です。


■ブリーチの場合は、やはり頭皮に薬が付くか付かないかで違いますが、ブリーチやヘアカラーの場合は、若干頭皮に付かないと根元から染められませんので、多少なりとも頭皮に刺激があります。

でも、塗布方法で、頭皮への刺激を軽減できたりします。

頭皮近くは体温の影響があって、頭皮から距離がある部分よりも、明るくなりやすいです。
ですので、綿密に言いますと、根元1mmくらいを初め薬液を付けずに、少し時間をあけて根元に塗布するようにします。
そうしますと、発色のムラが出にくく、頭皮への刺激も少なくなりますし、
根元に、初めからベッタリ塗ってしまうよりも、だいぶ頭皮への刺激を軽減できます。

上記のように、ブリーチ(明るくするヘアカラー含む)での、頭皮への影響は、塗り方でも大きく変わるのです。

次に、ブリーチでの、頭皮への刺激と、髪へのダメージですが、

ブリーチは、1剤のアルカリと、2剤の過酸化水素水の反応で、酸素を発生させてメラニン色素を脱色するのですが、
1剤のアルカリは、髪や頭皮を「ふやかす」働きと、2剤の過酸化水素水から活発に酸素を発生させる働きがあります。

髪へのダメージは、この、アルカリ膨潤と、酸化脱色の際の、タンパク変性です。

頭皮へのダメージは、アルカリで皮膚をふやかすことと、活発化した過酸化水素水からの刺激です。

(消毒用オキシドールが手につくとピリピリすると思いますが、消毒用オキシドールは過酸化水素2%溶液です。ヘアカラーの2剤は6%の過酸化水素水ですので、3倍強いことになります。さらにアルカリと反応してパワーアップしますので、それなりに頭皮に対して刺激が生じます。)


■次に、ストレートアイロンですが、もちろん、頭皮にアイロンが付くと、ものすごく熱いので、頭皮から離します。
ですので、極端に強く引っ張らなければ頭皮には影響は無いのですが、
髪には大きな影響を与えます。

ストレートアイロンの温度は、200℃前後なのですが、これは、調理用ホットプレートの最大温度と同じです。
焼きそばが作れてしまう温度ですので、これを毎日(または数日に一回でも)するのですから、着実に回を追うごとに、傷みは増していきます。

(熱によるタンパク変性。髪では、白っぽくなり細かいちりめん皺が出来てボワッと広がるようになります)


■最後にヘアカラーですが、通常の髪の色を明るくするヘアカラー(酸化染料)は、上記のブリーチの弱い版と考えていいと思います。
ヘアカラー(酸化染料)では、明るいほどブリーチに近い影響がありますし、暗いほど影響は少なくなります。

暗くする場合は、過酸化水素水の濃度を半分以下にしたり、カラー剤のアルカリが弱いものを使うと頭皮や髪の影響も少ないのですが、美容室によっては、明るくするカラーと同じ6%の2剤と使っていたり、通常のアルカリ酸化染料で、ダークカラーに染める美容室もあります。
もちろん、そうすると、頭皮や髪の傷みは増します。

また、明るくする力はありませんが、ヘナや、ヘアマニキュアは、酸化染料(ブリーチも、明るくするカラーも、酸化染料に属します)に比べると、ほぼゼロに近いので、頭皮や髪への影響はほとんどありません。

(ヘアマニキュアは頭皮が染まってしまいますので頭皮には付けません。ヘナはパッチテストをしてからのほうがアレルギー体質の方でも安心できます。)


●このように、頭皮への影響では、

ハイブリーチ > ヘアカラー 

(縮毛矯正とアイロンは、頭皮に付かなければ、頭皮に対する影響はありません)


●また、髪への影響では、

1、ハイブリーチの「アルカリ+過酸化水素水」の、タンパク変性の影響(ヘアカラーは、明るさにより影響の度合いは変わります)

2、縮毛矯正(アルカリタイプの場合)のアルカリ膨潤の影響(アルカリで髪が傷むと、バサバサジャリジャリ、ツヤの無い状態になります)

3、ストレートアイロンの回数と温度(回数が多いほど、温度が高いほど、傷みは増します)


この3つは、傷みの種類と、塗布方法、色の明るさ、などで、髪へのダメージが変わりますので、傷みの順位は付けられません。




アルカリを用いない、弱酸性の縮毛矯正もあります。

この場合、アルカリ膨潤させないで、縮毛矯正しますので、髪のダメージは、かなり軽減します。 

(VIVACEでは、コールドパーマ、デジタルパーマ、縮毛矯正、で弱酸性の薬液を使用しています。※場合によって、ツイストパーマや、意識的にパサついた質感にかけるケースではアルカリパーマも使います。)



☆毛髪の場合、皮膚と違い、生えている髪自体は、爪と同じように生きていませんので(再生しないという意味で)、一度傷むと根本的には治りません。

(毛髪の成長点は根元(毛根)にあり、根元付近の髪が一番健康となっています。)

皮膚はケガしても再生して治りますが、髪はケガ(ダメージを負う)すると治りません。(トリートメントで多少感触を良くすることは出来ます)

ですので、髪は傷めないようにすることが、一番大切です。


皮膚(頭皮も含む)には、「アルカリ中和能」というものがあり、せっけんなどの弱いアルカリであれば、皮脂や汗などで中和できます。

ですが、ブリーチや、ヘアカラーのアルカリ、縮毛矯正の塗布の仕方が悪く頭皮に付いてしまった場合、などのアルカリは、皮膚のアルカリ中和能力を超えた強さですので、いくらかは頭皮に対して刺激はあります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

長くなってしまいましたが、それぞれのケースに対しての、ダメージの順番と解説を書いてみました。


過去のブログの中にも、アルカリを用いない弱酸性縮毛矯正のことや、ヘアカラー剤でのアルカリの影響、アイロンや縮毛矯正、ヘアカラーの仕組みなども書いてありますので、参考にしてみてください。

(^-^)  

2010年02月06日

11/7の縮毛矯正のお客様の経過

c0c5da6d.jpg11/7のM3Dの傷みのお客様、だんだん上の方からきれいになってきました~ o(^-^)o

ハンドドライだけでツヤツヤです☆

http://vivace.livedoor.biz/archives/51745638.html

カラーも根元のみ、縮毛矯正もアルカリ使わず弱酸性で根元のみ、で、コツコツ伸ばしてます。  

昨年の3/22からですので、根元から10cmちょっときれいになってきましたネ! (^-^) 

長さも、少しずつ伸びてきて、だんだん安定感が増してきました。


また途中で傷めないようにしてくださいね~(笑) 

(*^o^*) 

2010年02月04日

ヘアカラー毛へ、大きいカールのデジタルパーマ

8c3de4f2.jpg今日きていただいたデジタルパーマのお客様です。

前回、すごく久しぶりにパーマをかけました。(デジタルパーマは初めて)


今回も、5cmくらい伸びて下がってきていたので、かけ直しました。

デジタルパーマの2回目以降では、すでにかかっている部分は薬をつけず、新しく生えてきた部分にだけ薬をつけます。

そうすると、カールの部分を傷めずに、いつまでもきれいなカールが楽しめます。


今回は、前回同様、耳下くらいから大きくかけたいということで、アルカリを用いず、弱酸性のデジタルパーマ剤で、ゆっくりと優しく薬液を作用させてかけました。

カラー毛なのですが、ふんわり弾力のあるカールがでました。o(^-^)o 

2010年02月02日

5日前に縮毛矯正をしたばかりだそう・・・(>_<) その2

21a3033c.jpg全体の写真です。


中間~毛先の、縮毛矯正がほどけてしまったウネリもきれいに取れました。


アルカリ膨潤させずに、還元をしっかりさせ、細かく丁寧にアイロンをかけていくと、ハンドブローでも、こんなにきれいな艶がでます。

幸いアルカリの傷みが、髪が耐えられる限界の一歩手前だったため、なんとかチリチリにならずに済みました。

もちろん、見えないアルカリの傷みが隠れていますので、日ごろからトリートメントして、保護した方が良いです。


ダメージもあったので、最後にラメラメトリートメントもしていかれました。


雪の中、来ていただきましたが、無事きれいに伸びて良かったです。o(^-^)o 

遠いですが、またお待ちしてま~す。 (^o^)/ 


詳しくはこちらへ→ 弱酸性 縮毛矯正 デジタルパーマ 松戸 柏 美容室VIVACE

5日前に縮毛矯正をしたばかりだそう・・・(>_<) その1

392ddc86.jpg以前からVIVACEに来ていただいていたのですが、神奈川の方へ引っ越してしまって、なかなか来れず、5日前にお家の近くで縮毛矯正をしたそうです。

でも、パサパサ広がって、クセもあまり伸びていないので、今日またはるばる来てくださいました。 (^-^)  


左が、いらしたときの写真です。


表面がザラザラしているのは、アルカリの傷みか、縮毛矯正の薬液が触れた後アイロンをかけていないか、が考えられました。

フロントや、根元が、ザラついて浮きやすいのは、還元不足と予想されます。

(還元=髪の内部の結合をほどくこと。クセをほどくこと)

アルカリの傷みの限界を超えたチリチリじゃないといいけど・・・(>_<)
と、思いながら施術に入りました。 


薬液塗布1週目は、部分部分でダメージ度合いが違うので、ひとまず、弱酸性の縮毛矯正剤を薄く、クセの残っているところにつけていきました。

2周目で、還元具合いを見ながら、還元の足りない部分と、アルカリで傷んでいるけれどウネリが残っている部分に慎重に薬液をつけていきました。


薬液をつけているときに、髪が棒のように硬くなるのは、前回の縮毛矯正剤がアルカリだったことを示します。


アルカリで、髪がふやけて、クセのほどけ(還元)が見えないために、アルカリの膨潤軟化のみ見てしまい、還元不足のまま、すすぎ~アイロン工程に入ってしまうため、クセの膨張が残ってしまうのです。

また、表面ですが、5日前に施術した美容師さんは、「毛先は、薬液とアイロンを避けたので、傷んでないはず・・・」と、言ったそうなのですが、

縮毛矯正のリタッチ(根元のみ縮毛矯正する)の場合でも、手で持った毛束に多少薬液がついてしまうので、アイロンスルーはしないといけません。

そうしないと、前回までの縮毛矯正が、ほどけたままになってしまうので、ボワッとした質感になってしまいます。


また、アルカリの縮毛矯正ですと、微妙なクセの残りを取るためにアルカリのダメージを重ねてしまう、という懸念から、なかなかあと一歩のクセが伸ばせません。

弱酸性の縮毛矯正剤ですと、微妙なクセの残りや、カラーのダメージがあっても、じっくり癖を伸ばすことができます。


(次のページにつづく)