デジタルパーマがかからない髪

| コメント(0) | トラックバック(0)

デジタルパーマが、どうしてもかからない髪のお客様

●デジタルパーマがかからない髪

昨日ホームページを見て、遠くから初めてご来店いただいたお客様で、「デジタルパーマがかからない」という方がいらっしゃいました。

髪の状況は、(1回目~4回目は、パイモア以外のデジタルパーマですが、薬液、機械、よりも、作業工程の原因ですので、ここでは伏せさせていただきました)

○細い髪、コシが少ないです。
○クセはあまりないようです。
○日ごろから、コテでカールヘアーにしているそうです。
○ヘアカラーも定期的にしているそうです。

○1回目のデジタルパーマ(A店)・・・・比較的きれいにかかり気に入ったそうです。
○2回目のデジタルパーマ(A店)・・・・1回目よりは、質感は落ちましたが、なんとかかかったそうです。
○3回目のデジタルパーマ(B店)・・・・全くかからず、ストレートになってしまったそうです。
○4回目のデジタルパーマ(B店)・・・・その後すぐ、もう一度デジタルパーマ。それでも、矯正をしたようなストレートのまま。

●ご説明さしあげたのは、

○以前にもやはり同じような状態のお客さまがいらして、デジタルパーマは断念して、酸性システアミンパーマではきれいに(通常のコールドパーマにおいての「きれいに」というニュアンス)かかったことをお伝えしました。

○デジタルパーマの再施術は、3回目、4回目と同様の結果が予想されること。

○縮毛矯正している方に使う弱い調合で、もしかかったとしても、カールの螺旋(らせん)が小さく、細長いカールになること。

○3回目4回目ですでに、過剰な薬液作用になっていますので、髪が強い縮毛矯正をしているような状態であること。

○日常のアイロンで、すでに髪がタンパク変性をおこして、パーマがかかりにくい状態になっていること。

○普段アイロンのカールでヘアスタイルを保っているので、仮にかかったとしても上記のようにカールの螺旋が細長くなるため、またアイロンを日常したくなってしまいそう・・・ということ。

○酸性システアミンパーマでしたら、かかる確率は上がるのですが、デジタルパーマの前には、パーマはほとんどかけていなかったそうなので、通常のコールドパーマのカールでは、ご希望のカールと多少異なるということ。

○髪全体が、縮毛矯正(髪のコシがなくなるくらいの過剰薬液作用の縮毛矯正)しているような状態ですので、全部戻るには髪が30センチくらいなので、2~3年は、かかってしまうということ。

●お客様には下記の中から選んでいただきました。

1、デジタルパーマも、酸性システアミンパーマも、見送る。
2、酸性システアミンパーマでかけてみる。
3、かからないかもしれませんが、VIVACEで最良と思われる、デジタルパーマの弱い薬液調合でかけてみる。

※ご相談の結果、今回は何もしないで見送ることになりました。

★2回目以降の最適な方法は・・・

○新しく伸びてきた部分や、薬液浸透が浅くカールが弱いところにのみ、時間差(浸透しづらい箇所が先)で薬液を作用させる。

○既存のパーマ部分がしっかりかかっていれば、液体のタンパク質トリートメントなどで保護し、パーマ液は付けず、毛先は保護する。

○カラーの時は、根元用の脱色作用のある薬は、既染部には塗布せず、弱アルカリの薬+低濃度の過酸化水素の2剤で色素のみ入れて傷めない様にする。

などがあげられます。

○遠くから来ていただいたので、申し訳ない気持ちもありましたが、現状の状態とデジタルパーマの仕組みなどをお話できたので、そのお客さまは笑顔でお帰りになりました。

無理に施術して、悪い結果になるようでしたら、このように施術を見送ることもあります。

でも、色々お話できて納得いただけてよかったです。

○今後は、デジタルパーマは、もっとポピュラーなものになってきますが、縮毛矯正と同様、施術ミスで何年もパーマを休まないといけない状態にもなってしまいます。

同時に美容師も、正確な施術が必要ですので、このブログを読んでくださっている、美容師さんもぜひ気をつけてみてくださいね。


弱酸性 縮毛矯正 デジタルパーマ 松戸 柏 美容室 VIVACE



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hair-vivace.com/mt/mt-tb.cgi/19

コメントする

このブログ記事について

このページは、vivaceが2009年11月30日 18:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ストレートパーマ後のデジタルパーマ」です。

次のブログ記事は「縮毛矯正毛へのデジタルパーマ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。