髪の傷みとデジタルパーマ

| コメント(0) | トラックバック(0)

髪の傷みとデジタルパーマの関係

縮毛矯正している髪への、デジタルパーマのかけ上がりについてです。

チェック項目で当てはまるのが少ないと、比較的きれいにかかり、多くなるときれいにかからなくなります。

□ 縮毛矯正の繰り返し・・・縮毛矯正時に、「既に矯正してある真っ直ぐな部分」に2回目以降も薬液塗布してしまって損傷している

□ ヘアカラーの繰り返し・・・いつも明るくする力のあるヘアカラーを毛先まで、染めている

□ 日常のアイロン(コテ)・・・毎日、もしくは、使った延べ数が多い。(熱の損傷は、やればやるほど損傷は進みます)

□ 通常のアルカリのパーマを繰り返しかけている。・・・毛先にいくにつれて、タンパク質が壊れてパサついている状態

□ 濡れているときクテクテで髪にコシがない状態・・・上記のなんらかの影響で、髪が濡れていると柔らかくコシのない状態。乾くと縮れやパサつきが出る状態。

上記で、当てはまる項目が少ないほど、きれいにデジタルパーマがかかる可能性が高くなります。

また、項目にあるほどの状態ではなくても、似たような項目が重複している場合は、デジタルパーマのカールのらせん(クルクルの大きさ)が細くなったり、乾くとパサパサになって伸びてしまったり、ジャリっとした手触りになったりします。

極まれですが、デジタルパーマや縮毛矯正を繰り返しかけて、まったくデジタルパーマがかからなくなってしまうことがあります。(特にコテを使っている方)

デジタルパーマは、濡れているときにカールが毛先に残っていれば、新たに生えてきた部分だけ薬をつけてかければ、毛先に傷みを重ねずきれいにかけることが出来ます。

長くヘアスタイルを保つためにも、施術履歴の把握や薬液塗布の仕方は、デジタルパーマにおいて大切なことです


弱酸性 縮毛矯正 デジタルパーマ 松戸 柏 美容室 VIVACE


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hair-vivace.com/mt/mt-tb.cgi/21

コメントする

このブログ記事について

このページは、vivaceが2009年11月30日 18:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「縮毛矯正毛へのデジタルパーマ」です。

次のブログ記事は「縮毛矯正とデジタルパーマのご質問」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。