妊娠中のヘアカラー、パーマについて

| コメント(0) | トラックバック(0)

Y.O様からのご質問  妊娠中のヘアカラー、パーマについて

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2009/02/06 12:54 投稿者:Y.O

妊娠中の髪の変化、興味深く読ませていただきました。
そこで質問なんですが、妊娠中にパーマをかけたり、カラーをしたりするのは良くないと良く聞くのですが
やっぱりやらないに越した事はないのでしょうか?
やってもいい時期、やっては駄目な時期というのが、それともあるのでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Y.Oさま

ご質問ありがとうございます。 (^-^)

妊娠中のパーマやカラーですが、実際は、ほとんど気にしないで皆さんやっています。


「つわりで、なかなか来れなかったんですよ~。5か月になったのでやっと来れました~」 とか、
 
「赤ちゃん生まれると、髪できなくなるから、もうじき生まれますが今のうちに来ました~」 とか、

つわりが終わった妊娠5か月くらいから、臨月まで、気にしないでいらっしゃる方が多いです。


ただ、お硬くに言いますと、薬液の説明書などには、「妊娠中や生理中は、使用を控えてください」 と、書いてあります。

これは、ヘアカラー(パッチテスト)の注意書きでもそうなのですが、薬剤の説明書には、「毎回48時間後にパッチテストを済ませてから染めてください」と書いてありますが、

実際、美容室に行きたい日の前々日に毎回足を運んでパッチテストをする方は、いらっしゃらないのが現実です。)


ごくまれに、妊娠中や生理中はホルモンバランスか変わって、皮脂分泌が変化して、オイリー(脂性肌)になったり、乾燥肌になったりする方がいらっしゃるので、皮膚が弱く心配な方は、控えたほうがいいのかもしれません。

(脂性肌になる方は、シャンプーして脱脂すればパーマはかかりますし、カラーの場合、皮脂で薬液の刺激が軽減されるので、個人的には問題ないと思いますが)


アトピー性皮膚炎の方など、普段から肌が弱く、スキンケアにとても気を使っている方は、気にしながらパーマをかけるのも、精神衛生上よくないかもしれませんので、見送ったほうがいいかもしれませんね。


でも、デジタルパーマ(根元5センチ薬つきません)や、縮毛矯正(根元1センチ薬つきません)の場合、薬液を頭皮につけないので、なんの心配もないと思います。

あと、カラーの場合も、根元を1~2mmよけて染めることも可能ですので、心配な方は、そのように言っていただければ、頭皮に付かないように配慮させていただきます。


また、体調の変化で皮脂分泌が盛んになって、パーマがかかりにくくなったとしても、時間にすると、5分~10分余分にお時間がかかる程度の違いで、パーマが変な風にかかっちゃう、というものではありませんので、気にしなくて大丈夫です。 (^-^)


なかなか微妙な表現もあるのですが、なんとなくニュアンスは伝わっていただいたでしょうか?


また何か、ご質問ありましたら、遠慮なくおっしゃってください。 (^O^)


弱酸性 縮毛矯正 デジタルパーマ 松戸 柏 美容室VIVACE


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hair-vivace.com/mt/mt-tb.cgi/11

コメントする

このブログ記事について

このページは、vivaceが2009年11月30日 18:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パーマがかかりにくい髪」です。

次のブログ記事は「ロングヘアーのデジタルパーマ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。