形状記憶デジタルパーマの仕組みと大切な所

| コメント(0) | トラックバック(0)
形状記憶デジタルパーマの仕組みと大切な所

パーマは、1剤の還元剤と2剤の酸化剤でかけます。

1剤で髪の毛の中のシスチン結合というハシゴのようなつながりをほどいて柔らかくし、その後ロッドを巻いたり(パーマ)、ストレートにとかしたり(ストレートパーマ)して、2剤をつけて形を固定します。

形状記憶デジタルパーマも、還元・酸化でかけるのですが、このパーマの場合は、還元した柔らかい状態の時に「熱酸化」でカールを固定します。補足的に2剤(酸化剤)も使いますが、主にヒートロッドの熱でカールを定着させます。
クセ毛のざらざら感が、このパーマでかけると艶が出るのはこのためです。
縮毛矯正ほど還元は進めず、温度も低めですが、原理は似ています。

ここで重要なのが、還元具合です。
還元を促進するのに、通常パーマ液1剤にはアルカリ剤が入っています。アルカリ剤は髪の毛を膨潤・軟化させキューティクルを開く作用があります。
縮毛矯正剤もそうですが、いかに「ちょうど良い軟化・還元具合」ですすぎ、次の工程に入るかが重要です。
軟化・還元しすぎると傷みが出てしまうし、足りないと、縮毛矯正では伸びが悪かったり、形状記憶デジタルパーマでは、カールが弱かったりします。

髪の傷み度合いは、毛先(20cm~30cmあれば2~3年前に生まれた髪)がどれだけカラーやパーマをしているか、中間部、根元部がどのような状態か、を的確に見極めなければなりません。
「毛先には専用のトリートメントを付け、軟化・還元力の弱めの薬で。中間はそれよりやや強めの薬でトリートメントは控えめに。」と美容師が判断して、ヒートロッドを巻く所が上から下まで均等に軟化・還元していて初めて艶のある「くるん」としたカールが出せるのです。

今年はどんどん、この形状記憶デジタルパーマが普及してくると思います。
縮毛矯正も形状記憶パーマも、過剰に薬液を浸透させても、パーマは、かかるはかかります。
でも一番大切なのは、一度きりで傷んでしまうのではなく、長い期間ツヤのあるきれいな仕上がりを持続することです。
よく「縮毛矯正したら傷んじゃった」というお客様がいます。流れ作業的に、いっぺんに強い薬を付けるのではなく、髪の状態に合わせ、部分部分で強さの違う薬で、時間も調節すればロングのすそまで艶のある矯正も可能です。
形状記憶パーマも、同様です。
出来るだけ丁寧に、現状の髪の状態の中で、一番きれいにかかるようにvivaceでは、形状記憶デジタルパーマをご提供しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hair-vivace.com/mt/mt-tb.cgi/1

コメントする

このブログ記事について

このページは、vivaceが2009年11月30日 15:56に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「「これでもか!」っていう名のThis DEMOKA ディスデモカシャンプー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。