縮毛矯正の方がたくさん  (^o^)

| コメント(0) | トラックバック(0)

縮毛矯正の方がたくさん

今週も一週間ありがとうございました。
 
地元、五香のお客様。松戸市内からは、中金杉、中和倉、常盤平。柏からは、高柳、豊四季、逆井。鎌ヶ谷からは、東中沢、中央、初富。船橋からは、前貝塚町。埼玉から、さいたま市南区。千葉県香取郡。東京都 江戸川区葛西。墨田区立花。たくさんのお客様、ありがとうございます。

湿度が高いですね~。
ボワ~っと髪が広がっちゃう季節ですので、縮毛矯正でご来店の方が多いです。
 
縮毛矯正の問い合わせで「そちらは、何の縮毛矯正ですか?」っと聞かれる事が多いのですが・・・
 
vivaceでは、たくさんの縮毛矯正のお薬を使ってきました。リペア、リシオ、ハビット・・・メーカーは色々数え切れないほどあります。色々使ってみて良い物があると「入れ替えるか」「平行して使うか」の選択をします。
 
特徴とメリットがそれぞれの薬で有る場合は、薬の種類が増えていきます。従来の物に比べて、テストして良い物は取り入れ、そうでないものはスルーします。
 
一人のお客様の髪でも(部分部分で)状態が違う場合は、複数の違う薬を適材適所で使い分けることもあります。

なので、「○○の縮毛矯正です」とお答えできないのです・・・(謝)。
でもその分、十人十色の毛質に合わせて、幅広く対処できますのでご安心ください。
他のページにも書いてあるのですが、縮毛矯正の薬液の浸透は100がいいのです。
120では還元軟化し過ぎて傷むし、80では伸びが悪くなります。
出来るだけ100に近い還元軟化状態で施術すると、髪に水分や、しなやかな弾力が残り、傷んだ感じがなくスベスベになります。
 
2回目以降の縮毛矯正では、新生部にのみ薬液をつけ、既縮毛矯正部には、トリートメントと液体のタンパクPPTをつけアイロンに入ります。
こうすることで、2回以上薬液に浸されないで、ロングでもサラサラの艶のあるストレートヘアーになります。

逆に・・・2回目以降で強い薬をワンタッチ(根元から毛先までいっぺんに)つけてしまうと・・・スチールウールみたくチリチリになってしまうこともあります。
 
縮毛矯正の傷みが・・・という方は、一度ご相談下さい。今の状態での最善の方法をアドバイスできると思います。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hair-vivace.com/mt/mt-tb.cgi/127

コメントする

このブログ記事について

このページは、vivaceが2009年12月 4日 10:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「美容師さんからの縮毛矯正の質問のお答え」です。

次のブログ記事は「弱酸性縮毛矯正とは?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。