クセ毛と馴染ませる縮毛矯正

| コメント(0) | トラックバック(0)

クセ毛と馴染ませる縮毛矯正

トップのみや、襟足だけ、縮毛矯正をするお客様もいらっしゃいます。
(^-^)

通常、きれいにちゃんと伸ばすのが縮毛矯正ですが、このように、一部分の強いクセが気になり、他の部分はそのままでいいという場合もあります。

そういう場合は、「細かい縮れたようなクセの方」「クセのカールの半径が小さい方」以外は、

70~80%の還元(髪内部のタンパク質の結合をほどく)で止めておいて、すすいで、アイロン行程に入ります。

そうすることにより、ぺったり直線になりすぎずに、柔らかいカーブは多少残りますので、縮毛矯正かけてない部分とつながり、馴染みます。

※ 既に真っ直ぐなっている所を元のカーブにする...というのは出来ませんが。σ(^-^;)

これからの季節、だんだん涼しくなってくるので、髪を束ねずダウンスタイルも簡単に出来るように...なのかな?

いろいろなケースに合わせて、オーダーメイドでご希望に添えるようにしたいと思います。

(^O^)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hair-vivace.com/mt/mt-tb.cgi/106

コメントする

このブログ記事について

このページは、vivaceが2009年12月 4日 09:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アルカリ膨潤して広がりの出てしまう縮毛矯正のお客様」です。

次のブログ記事は「栃木県からの縮毛矯正のお客さま」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。