縮毛矯正ダメージ部のヘアケア

| コメント(0) | トラックバック(0)

オハナさんからのご質問■縮毛矯正ダメージ部のヘアケアについて■

オハナさん、先日はご来店ありがとうございました。
ブログなかなか更新できなくてすみませ~ん。
先週今週はお仕事終わるとおそくなってブログがおろそかになってしまいました・・・(謝)。

以前からの傷みの部分は、多少広がってしまいますね。
 
■スタイリング時におすすめなのが、「16油」です。(小)\2200+税 (中)\3800+税
ラメラメトリートメントのページから、16油のページに行けます。
16種類の天然油分で出来たサラっとしたオイルなのですが、これをシャンプー後に少量毛先になじませてドライするとスベスベになります。
■「This Demoka」(全体量の37%がタンパクpptで出来ているシャンプー)のお値段は、\3200 + 税です。
■シャンプー後のトリートメントは「ビッツル」(髪をフッ素コートする特殊なトリートメント)。がいいと思います。\3800 + 税です。
■16油より、若干軽いのですが、アクアフィックス \1500+税(資生堂サロン専売品)もあります。これもダメージ部をコートします。
 
●夜ドライヤーした時は広がらず、日中に広がるのは、髪の保持出来る水分量が少なく、外気の湿気を髪が吸い込んでしまうためだと思います。
 
ベストなのは、デモカでシャンプーして、損傷部の空洞をタンパク質で埋めて、ビッツルでコートして、16油で仕上げると、かなり改善されると思います。
以前からの傷みは、根本的には伸びるまで待つしかないのですが、上記のように集中ケアすることで、我慢は少なくて済むと思います。
一つずつでも、ぜひ使ってみてください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hair-vivace.com/mt/mt-tb.cgi/125

コメントする

このブログ記事について

このページは、vivaceが2009年12月 4日 10:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「縮毛矯正とヘアカラー、どっちが先?」です。

次のブログ記事は「美容師さんからの縮毛矯正の質問のお答え」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。