縮毛矯正のコメントいただいた、ぶっちさん

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、縮毛矯正のコメントいただいた、ぶっちさん

45ca4325.jpg先日、コメントいただきました、ぶっちさんの施術前と施術後の写真です。

ぶっちさん、お写真ありがとうございました。 (*^-^*)


茨城県の土浦の方から、来てくださいました。

遠くからありがとうございました。(^-^)

定期的に、縮毛矯正されていたそうですが、うまく癖が伸びず、vivaceをインターネットで見つけてくださいました。


カラーでのアルカリダメージの上に、アルカリの縮毛矯正をしているため、還元する前にアルカリで髪がふやけてしまい(アルカリ軟化)、アイロン行程に移ってしまう・・・という繰り返しで、傷みが増してしまうんですね。

毎回、クセが残っているため、また同じようにアルカリに触れ、還元は、いつまでも十分にされない、といった悪循環になっていました。 (>_<)

※ 還元=髪内部の結合をほどいて、クセをほどく工程


傷んでいても、足りない「還元」を補わないと、一向にクセが伸びないので、アルカリ膨潤させないお薬で、じっくりクセをほどいていきます。

長い期間、クセが伸びず、縮毛矯正やアイロンを繰り返していると、更にクセがほどけにくくなるので、ちゃんとクセがほどけるまで、辛抱します。 !(^^)!


若干、表面には、細かいチリつきが残っていますが、こうして、弱酸性の、還元力のあるお薬で、くせを伸ばしていくと、髪の水分と弾力を保ったまま、クセのみを伸ばしていけます。

(※ 弱酸性であっても、還元力が足りないと、クセは残ってしまいますので、十分な還元力は必要です。)


これで、傷みのスパイラルから、抜け出せましたね! \(^o^)/


あとは、コツコツ、健康な部分を増やしていけば、必ず、みずみずしい、艶やかな、自然な弾力のある髪に戻っていきます。


子供の頃からの夢だったサラサラヘアー、思う存分楽しんでくださいね! (*^o^*)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hair-vivace.com/mt/mt-tb.cgi/137

コメントする

このブログ記事について

このページは、vivaceが2009年12月 6日 12:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「縮毛矯正しても、しっくりこない...」です。

次のブログ記事は「マロン染めでの縮毛矯正」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。