ヘアカラーのご質問

| コメント(0) | トラックバック(0)

INSURANCE様から、GM-8のカラー(グレイマット)のご質問

ac82dca3.jpgINSURANCEさま からのご質問

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

投稿者:INSURANCE 

こんにちは。
初めてコメントさせてもらいます。

私の知りたかった事が沢山書いてあるので、興味深く
読ませてもらっています。

私はずぶの?素人ですが、ヘアダイは問屋さんで仕入れたタカラベルモント(株)の「マテリアGM8」という
チュウブ入りのものとオキシを同量混ぜて自分でしています。

「マテリアGM8」もいい色だと思うのですが、最近は
http://heo.jp/tag/color/index.php?page=1 にある
"darkolivegreen" という色が気になっています。

この色に近いカラーのものがあれば是非教えていただきたいのですが...。
よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

INSURANCE さま

ご質問ありがとうございます。 (^-^)  


上記の、「マテリアGM8」が、

もし、ルベルの「マテリアシリーズ」としますと、「M-8G」、「M-8」、「G-8」は、ラインナップとして存在するのですが、「マテリアGM8」という色番は確認できませんでした。

(M=マット=グリーンの色素。 G=ゴールド=薄い黄緑の色素。 M-8G=グレイヘアー用のマットの8番 )

そこで、一般的な認識の、GM8=グレイマットの8 としてお答えいたします。


グレイマットとしますと、「グレイヘアー=白髪が混じった髪」 でも、きれいに染め上げるというものになります。


白髪にも染まるように、色素量が多く入っています。

その分、同時進行の脱色を多くしていないと、8の明るさが出ませんので(色素が多い分、暗く発色してしまうので)、ベースカラー(染めた際に、同時進行で脱色される地髪の明るさ)が明るく調整されています。

ベースカラーが明るい分、透き通るような、オリーブブラウンが出しやすいのですが、反面、脱色量が多いので、上記のM-8よりも、若干ダメージが出るのは割り切ることとなります。


ダメージよりも、発色を重視して、白髪は無いけれども、グレイヘアー用のカラーを使う、というのもアリかと思います。 (^-^)  


(M-8ですと、脱色が少ない分、地毛の赤味が邪魔して、透き通るようなオリーブ色が出にくいので)


http://heo.jp/tag/color/index.php?page=1 にある "darkolivegreen"■

ですが、画面上のイメージカラーですので、近い色となりますと、やはり、オリーブブラウンで、

= GM(グレイマット) or M(マット) となりますね。

髪を、カラーチャートと同じように出すには、ベースカラーが明るくないと出ませんので、必然的に、GM-8 となると思います。



vivaceでも、他社のGM-8 がございますので、もし施術されるようでしたら、一度それで、試してみるのが良いと思います。


メーカー各社 「GM=グレイマット」 ラインはあると思いますが、

大概、8の発色での誤差は、±0.5~1 トーンですので、他のメーカーでも、「GM=グレイマットの8番」を使えば間違いはないと思います。


(髪が細く、もともと、光が通る髪質の方は、M-8を使っても、オリーブブラウンが出せる場合があります)



ぜひ、ご検討ください。  o(^-^)o 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hair-vivace.com/mt/mt-tb.cgi/164

コメントする

このブログ記事について

このページは、vivaceが2009年12月 6日 17:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フロントの縮毛矯正をペタッとさせない」です。

次のブログ記事は「川崎市から縮毛矯正のダメージでお悩みのお客様 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。