髪のターンオーバーと、肌のターンオーバー

| コメント(0) | トラックバック(0)

肌のターンオーバーと、髪のターンオーバー

CMで、どこかの化粧品会社のおばさま(社長さん?)が、


■「美肌には、『ペプチドアミノ酸』と『アルカリ』が有効と考えます・・・」と、言っていますね。


vivaceのブログを見てくださっている方の中には、「アルカリって、悪いものじゃないの?」っと、思われるかもしれませんね。



おそらく、あのCMでは、こう言っているのでしょう。


まず、ペプチドアミノ酸ですが、これは、造語かな? 

(ペプチド状態のアミノ酸っていうニュアンスだと思います)



お肌も、髪も、爪も、人間の体はすべて、「タンパク質」で出来ていますが、それをもっと細かくしていくと、「アミノ酸」というものになります。


アミノ酸は、よく耳にしますね。


味の素の、「グルタミン酸」も、

パーマ液にも使われる「システイン」も、

いつも僕が飲んでるグッスリ眠れる「グリシン」も、


アミノ酸です。


種類は、たくさんありますね。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////


そして、その繋がりの大きさで、


●一番ちいさい大きさが、「アミノ酸」。

●中くらいの塊が、「ペプチド」。

●もうちょっと塊がつながったのが、「ポリペプチド」。 

(美容業界では、PPTとよく言われます。 ポリ=つながっているという意味。)


●ポリペプチドがもっと集まると、「タンパク質」。 

(正式には、「ポリペプチド」が1つ以上で、もうタンパク質みたいです。)


~~~~~~~~~~~


例えると・・・


●ごはん粒が、「アミノ酸」。

●ミニおにぎりが、「ポリペプチド」。

●お餅が、「タンパク質」。 


っていう感じですね。 (^-^)o ミンナ ゴハンデ デキテル
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~


■タンパク質の材料はすべて、アミノ酸なのです。



//////////////////////////////////////////////////////////////////////////



次に、あのCMで出てくる、「アルカリ」について。


簡単にいうと、ピーリングの原理で、アルカリで、肌の表面の角質やくすみを溶かして、肌本来の再生機能を蘇らせる・・・ ということでしょう。


これまでの一般的な美容の考えでは、

肌の等電点(※1)である、pH4.5~5.5の弱酸性に保つことが、たんぱく質が一番安定して、肌がきれいでいられる状態、という感じなのですが、


いろんな考えがあって、あのCMの会社では、


それだと、肌を怠けさせてしまって、本来の肌の再生機能・能力(ターンオーバーの早さ)が悪くなってしまうので、


アミノ酸(ペプチド)を補いながら、アルカリで角質を取り、肌の自主再生機能を高めて、ターンオーバーを早める、という考えなのですね。




(※1)等電点 = アミノ酸には、酸性の性質をもつ物、アルカリの性質をもつ物、があって、タンパク質はそれぞれがミックスされて出来ています。 コラーゲンや、ケラチンなど、肌や髪を構成するタンパク質には、酸性の性質のもつアミノ酸の方が多いので、総合的に弱酸性状態が安定すると言われています。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////


また、再生能力と共に、


肌には、「アルカリ中和能」というものが、もともと備わっていて、アルカリに傾いても、皮脂や汗などで、元の弱酸性状態に戻す作用があります。

それにより、タンパク質そのものも安定し、雑菌などからも守られるようになります。


CMでは、「弱酸性の洗浄成分で・・・」と宣伝していますし、「弱酸性のシャンプーで・・・」と、美容業界でも、よく言われますが、


個人的には、石鹸(弱いアルカリ)で、顔を洗って、汚れとともに、ほどよく角質をやわらかくして取り除き、肌のアルカリ中和能に任せる・・・というのも、良いと思います。


でも、秋冬は乾燥しますからね~。 保湿剤は必要ですね。 

( 自主再生機能が弱まってるのかな?・・・笑  (^o^;) )



/////////////////////////////////////////////////////////////////////////



また、vivaceのブログに出てくる、アルカリ・弱酸性は、パーマ液の液性のお話しですね。


上記の、「アルカリの役目=角質を溶かす」、 が、もっと強いアルカリになると、「タンパク質のアルカリ変性」が起きて、タンパク質が壊れていきます。

髪がチリチリになったり、水分が飛んでパサパサになったりするのは、アルカリ変性のせいですので、極力、アルカリに触れさせない方が、髪を傷ませません。


弱酸性、というのは、還元剤(髪の結合をほどく薬)が、髪を傷めず、なおかつ縮毛矯正が効き、デジタルパーマもきれいにかかる(還元力がある)、というのが、

弱酸性~中性域ですので、ほとんどのお客様は、その間のpHで、縮毛矯正もパーマもvivaceでは施術しています。



/////////////////////////////////////////////////////////////////////////



髪は、肌と違って、再生能力が無いですからね・・・。

「傷ませないこと」 、これに限ります。


でも、ちょっと考え方を変えてみて、髪を 肌の角質に例えると・・・

「30cmある髪だったら、3年でターンオーバーする」 っていうことですからね。


実際に傷んでいる箇所が毛先15cmとすると、1年ちょっと、傷ませないように施術していれば、きれいに生まれ変わるということです。


傷ませないパーマ、傷ませない縮毛矯正・・・ (正確に言うと、傷みを感じないパーマや縮毛矯正)


これをやっていけば、気になるダメージ部分の長さ「1cm=ひと月」で、髪がきれいになる時期の目安になります。



髪のターンオーバー・・・

ちょっと肌より気長に待たないといけないですが、


vivace風に言うと、


「美髪には、出来るだけ『アルカリに触れさせない』ことが有効です!」 って感じかな? o(^-^)o 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hair-vivace.com/mt/mt-tb.cgi/172

コメントする

このブログ記事について

このページは、vivaceが2009年12月 6日 17:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「縮毛矯正毛へのカラーデジタルパーマのお客様」です。

次のブログ記事は「ヘアカラー、縮毛矯正、デジタルパーマのお客様」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。