まゅ様から、石鹸シャンプー・アミノ酸系シャンプー、のご質問

| コメント(0) | トラックバック(0)

まゅ様から、石鹸シャンプー・アミノ酸系シャンプー、のご質問

まゅ様からのご質問

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2009/11/23 00:48 投稿者:まゅ 

なんか詳しく書いてあって親切ですね★

気になる事がぁるんですけど最近
石鹸シャンプーが
気になっていて☆

3ケ月に一回くらい美容室でカラーしてるんですけど★石鹸シャンプー使ってもカラーは大丈夫なんですか?
(>_<)

アミノ酸とかものがぃーんですか??

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まゅ様 

ご質問ありがとうございます。

カラーに石鹸シャンプーしても、悪いわけでは、ありませんが、ちょっとゴワつく可能性がありますね。

傷みがあれば、アミノ酸系のがいいと思いますが、他にも優しい界面活性剤(シャンプーのベース)もありますし、混合して作られているものも多いです。

・・・・・・・・・・・

シャンプーも色々ありますから、どれがいいのか迷ってしまいますよね。

髪の特徴は、人それぞれです。


たとえば、

1、ペッタリしやすい髪

2、パサパサしやすい髪

3、アトピー性皮膚炎や、その他、お肌(頭皮も肌)が弱いとか、肌トラブルなどがある

4、肌が、オイリー

5、乾燥肌

6、髪が傷んでいる

7、髪が傷んでいない

8、肌に優しければ、多少、髪がごわついてもヘッチャラか?

9、肌は丈夫なので、髪の質感重視

10、髪が、しっとり重い質感が好き

11、ふんわり軽い質感が好き

12、オーガニック(自然派志向)か

13、自然派は、それほど、こだわらないか?



などなど・・・

今思いつくものを、ザザッと書いてみましたが、肌や髪の質や、その人のライフスタイルによって、適したものが全く違うと思います。


ですので、たとえば、「アットコスメ 年間ランキング1位」 のシャンプーを使っても、

Aさんには良くて、Bさんには全くダメ、みたいなことが起きるのです。 (^o^;) 


■石鹸シャンプーは、上記の、3、4、7、8、12、でしたら、ちょっと使ってみたらいいかもしれません。

■アミノ酸系シャンプーは、2、9,10,13、であれば、試してみてください。


でも、アミノ酸系シャンプーと言っても、配合は色々ですし、その他の質感向上剤によって、重かったり軽かったり色々です。

アミノ酸系界面活性剤(泡立つ材料)の種類もいろいろです。

決して、アミノ酸系シャンプー=高級品、っていうわけでもなく、コンビニで売っている「資生堂スーパーマイルドシャンプー」だって、アミノ酸系シャンプーです。


また、石鹸シャンプーにしても、純石鹸(水道水のミネラルと結合してせっけんカスが生じゴワつきます。でも、アトピーの方などは、これがいいです)もあれば、液体せっけん系で、シャンプーの質感に近いものもあります。

純石鹸を、もう少し処理して、せっけんカスが生じないようにしているものもあったり、植物オイルや、ハーブオイルを配合して質感を向上させているのもあります。


ですので、「どのシャンプーがいいですよ!」 とは、なかなか一言で言いきれないのです。


一番いいのは、使ってみて感触を味わうことなのですが、やっぱり、買う前に知りたいですよね~(^-^)  


ちょっと、参考にしてみてください。 o(^-^)o 


詳しくはこちらへ→ 弱酸性 縮毛矯正 デジタルパーマ 松戸 柏 美容室VIVACE

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hair-vivace.com/mt/mt-tb.cgi/183

コメントする

このブログ記事について

このページは、vivaceが2009年12月21日 16:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「千葉市からのデジタルパーマのお客様」です。

次のブログ記事は「縮毛矯正の伸びにくいお客様」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。