縮毛矯正で傷んでいる場合のデジタルパーマ

| コメント(0) | トラックバック(0)

りえ様の「縮毛矯正で毛先が傷んでいる場合のデジタルパーマ」についてのご質問

.................................................................................................................................
 
1. Posted by りえ    2006年03月08日 17:41
 
4 はじめまして。私は長年の縮毛矯正で毛先チリチリっ子なんですが、デジタルパーマについて教えていただきたいのですが・・・。<br>最後に矯正してから約半年が経過し、通常だとそろそろリタッチ矯正の時期なのですが、もう毛先つんつん傷んでしまう矯正が嫌になってます。そこへ「癖毛にも大丈夫なデジタルパーマ」なる触れ書きを目にしました。本当なのでしょうか?かなり癖毛な私ですが、デジタルパーマは癖毛にも対応できるならチャレンジしてみたいのですが・・・
 
..................................................................................................................................
 
りえ様 
 
ご質問ありがとうございます。
 
まずはじめに、「長年の縮毛矯正で毛先チリチリ・・・」についてですが、縮毛矯正は、正しい施術で行なえば、チリチリにならずにきれいな状態を保てます。
 
でも、たとえば、髪の長さが30cmの場合、過去3年間の施術が正しく行わなわれていないと、毛先はチリチリしてきます。
 
一度チリついてしまった髪は、切らないと治りません。
でも、次の縮毛矯正が正しくないと、また毛先はチリチリになってしまいます。
 
その繰り返しになって、髪がいい状態にはなかなか戻れない方が多いのです。
 
おそらく、過去2年~3年の施術の中で、毛先を完全にプロテクトして、「リタッチ」すれば、そう傷まないところを、美容師さんが、何回か、毛先まで薬液を塗布していることが考えられます。
 
また、クセが強く、サイドやバックの毛先がチリついている場合は、髪の部分部分の薬液浸透のスピードを考慮せずに、全体を一緒の時間と塗布量で施術しているため、たとえば、80%の浸透の部分(浸透不足)と、120%の浸透部分(浸透過剰)が生じてしまい、全体的に、バラバラな効き目になってしまっていることも考えられます。
 
ご希望のデジタルパーマですが、縮毛矯正で「毛先がチリチリ」状態ですと、既に過剰な薬液浸透が考えられますので、デジタルパーマをかけても、毛先のチリチリは、元には治らない可能性が高いと言えます。
 
もっと、傷みが進んでいる場合は、デジタルパーマをかけても、カールが付かないこともあります。
 
これは、髪が既に、薬液の過剰作用で、たんぱく変性をい起こしているということです。
 
デジタルパーマは、縮毛矯正している方にも、リスクが少なくパーマがかけられますが、過去のカラーや、縮毛矯正や、スタイリングの際のアイロン・コテ、で、髪にダメージを受けている場合は、どうしてもきれいにかからないのです。
 
ただ、言えることは、「普通のコールドパーマ」よりは、だんぜんリスクが少ないということです。
 
(これも、酸性の、髪に優しいデジタルパーマの薬液を使ったり、髪の損傷度合いによって、デジタルパーマの薬液塗布量を変えたりしないと、縮毛矯正で傷むのと、同じ仕組みで、デジタルパーマでも、傷みを進めてしまいます)
 
それでは、どうしたらよいでしょう・・・?
 
2つの方法があります。
 
○1つは、毛先の傷みの度合いは、個々のお客様でまったく違いますので、とりあえず、「毛先のチリつきは、目をつむって、スタイリング剤などで、ウェット感を出し、パサパサを抑えるようなスタイリングをする」、ということを前提に、デジタルパーマをかけてみる・・・
 
○もう1つは、これからの縮毛矯正を正しく施術し、
(弱酸性の縮毛矯正剤などで、極力、髪をアルカリ膨潤させずに、正しいリタッチ「毛先をプロテクトし、根元の新生部のみ縮毛矯正する」をおこない、徐々に治していく)、チリつきが治ったら、デジタルパーマを行う・・・
これは、傷みにもよりますが、1~2年くらいのスパンで、治していくことになります。
(縮毛矯正の正しい施術が必須です)
 
■長くなってしまいましたが、それだけ「縮毛矯正で毛先がチリチリ」状態から、脱出するのは、難しいことなのです。
 
こちらにいらっしゃるお客様でも、何人かの方は、ひどくチリチリな状態から、脱出した方もおられます。
 
長い目で見ないとダメですが、縮毛矯正は、宣伝のキャッチコピーや、メーカー(縮毛矯正の商品名)うんぬん、ではなく、「髪に合った、適正な薬液で、正しい技術を行う」という、共通の約束事があります。
 
ただ、それを知らないで、安易に縮毛矯正を施術してしまう美容師さんがあまりにも多いため、9割以上の方が、縮毛矯正のダメージで悩んでいます。
 
デジタルパーマでも、同様で、正しく施術しないと、デジタルパーマでさえも、チリチリになることもあります。
 
■難しいことをたくさん書いてしまいましたが、ご検討の材料にしていただけましたら、幸いです。
 
もし、当店で施術していただく場合は、今の状態の中で、最善の方法でさせていただきますが、今現在、きれいなデジタルパーマを施すことは、少し難しいように思います。
 
■デジタルパーマも、縮毛矯正も、本来、とても良い物なのですが・・・

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hair-vivace.com/mt/mt-tb.cgi/31

コメントする

このブログ記事について

このページは、vivaceが2009年12月 2日 14:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「デジタルパーマ後にストレートに戻す場合」です。

次のブログ記事は「デジタルパーマがどうしてもかからない・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。