デジタルパーマがどうしてもかからない・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

「デジタルパーマがどうしてもかからない」というrafikiさんが一時帰国でご来店くださいました

e2bbfbb2.jpg

昨年、「デジタルパーマがどうしてもかからない」というご相談をこのブログでお受けしていたrafikiさんが、日本に帰国されご来店くださいました。

下記のブログでご相談のあったように、シンガポールでデジタルパーマを4回かけてかからず、5回目は普通のコールドパーマをかけて、またかからず・・・という状態でした。

http://app.blog.livedoor.jp/hairvivace/tb.cgi/51081332 (19/7/26)

http://app.blog.livedoor.jp/hairvivace/tb.cgi/51102445 (19/8/16)

ご来店いただいて、髪の状態をみると、まだ若干髪のコシが残っていましたので、傷みの多くはアルカリによるもので、還元(髪内部の結合をパーマの為にほどく)は不完全、と予想されました。

5回かけてもかからないということは、還元もしずらいということですので、酸性のデジタルパーマ剤で、何回かテストして、還元を十分に確認出来てからロッドを巻く工程に入りました。

1剤の所要時間は、平均の時間の3倍強を要しました。(ここで還元を妥協してしまうと、またかからなくなりますので)

通常のアルカリのデジタルパーマ剤ですと、還元しにくい方の場合、還元の前にアルカリで髪がふやけてしまい、還元不完全のまま、次の工程に入ってしまいます。
これが、何度かけてもかからない原因となります。

rafikiさんの場合は、何千人もデジタルパーマをかけてますが、おそらく1番か2番の還元しずらい髪質です。

幸い、アルカリでの過剰膨潤はMAXまでは行っておらず、還元さえ上手く行けばかかるかな・・・と思っていました。

でも、さすがに、5回のパーマを施している状態ですので、「かかります!」とは断言できず、上記のブログ記事のように最大のダメージの可能性もあると、お伝えしておきましたので、施術前の段階でご理解をいただけました。

結果・・・思った以上にきれいにかかりました!

rafikiさん、とてもメールやお電話で悩んでいたので、僕も、なんか感激して「ジ~ン」ときてしまいました。 .。゚+.(・∀・)゚+.゚

海の向こうから、こんなローカルな町の美容室を見つけてくださって、インターネットってすごいなぁ、ってつくづく思います。

よかったよかった。


詳しくはこちらへ→ 弱酸性 縮毛矯正 デジタルパーマ 松戸 柏 美容室 VIVACE

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hair-vivace.com/mt/mt-tb.cgi/32

コメントする

このブログ記事について

このページは、vivaceが2009年12月 2日 14:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「縮毛矯正で傷んでいる場合のデジタルパーマ」です。

次のブログ記事は「埼玉県の桶川市からご来店の縮毛矯正のお客様」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。