縮毛矯正のダメージ部分への施術方法

| コメント(0) | トラックバック(0)

momoさんから、縮毛矯正のダメージ部分への施術方法のご質問


momoさんから、縮毛矯正のご質問 


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2009/05/15 14:20 投稿者:momo

はじめまして♪

今年の2月に8ヶ月ぶりに縮毛矯正をかけたところ
去年はとてもきれいに伸びたのに
今回は速攻でブローしないとぼわぼわと広がってしまい
手触りもボサボサ、ゴワゴワするようになってしまいました。

実は去年の秋までは月1でヘナをしていましたが
寒さに負けてしまい(^^;ホームカラーを数回してしまったので
そのせいで痛んでしまったんでしょうか・・・(T_T)

今は、また週1でヘナをしているので少しバサバサ感はよくなってきたような気がします。

これからの季節、湿気で余計広がってしまうので
痛んでしまった髪をどうにかしたいと思って書き込ませていただきました。

できれば今月中にでもそちらで
縮毛矯正をしていただこうと思っているのですが
ヘナをしていてもかかりますか?
矯正をかける前何日か空けたほうがいいでしょうか?

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

momoさん、はじめまして。 (^-^)

ご質問ありがとうございます。

2月に縮毛矯正をされたということで、今の新生部は、3cmくらいですね。

去年きれいに伸びたのに、2月には「ボサボサ、ゴワゴワ」ということは、

「ホームカラー数回・・・」が、かなり影響していると思います。 (>_<)

気軽についやってしまいがちですが、ホームカラーは、アルカリが強く、本当に怖いのです・・・涙。(T-T)

また、2月の縮毛矯正の際に、

「既に縮毛矯正で真っ直ぐになっていて、本来なら薬を付けてはいけないところに付けてしまった」か、

「若干クセが残っていたので、既存のストレート部分にも薬をつけたのですが、アルカリが過剰に作用してしまって、ボワボワになった」
のどちらかも、あると思います。

ホームカラーで、髪の限界近くまで行っていて、アルカリ縮毛矯正を、毛先まで塗布してしまって、ついに限界を超えてボワボワしてしまった、ということが考えられます。


上記の、前者の場合は、もう髪が耐えられる限界を超えてしまっているので、そのボワボワ部分は、そっとしておいて、根元の新生部と、そのとなりの「傷んではいるけど、まだクセが残っている部分」のみ、薬液をつけて縮毛矯正をすることになります。

後者の場合は、中間~毛先に、また髪の余力が残っていそうですので、弱酸性の縮毛矯正剤で、アルカリ膨潤させずにクセを伸ばすと、現状のまま過ごすよりも、お手入れしやすくなると思います。


ヘナは、縮毛矯正する上で、それほど問題ではないです。

日常の髪の保護と、カラーの役目で、そのまま続けていかれるとよいでしょう。


ヘナは、髪を包む作用があるので、縮毛矯正当日の還元時間をスムーズにするために、念のため、1週間くらいあけたほうがいいかもしれません。

(ヘナがついていても、若干お時間がかかる程度の差ですので、2~3日前にしたとしても気にしなくても大丈夫です)

※ 還元=クセを薬液をほどくこと

あと、意外と重要なのは、ボワボワを抑えるために、日ごろ、オイルやクリームなどでボリュームを抑えていた場合の事前準備です。

オイルや、クリーム、(資生堂のTSUBAKI椿シャンプーなども)、でオイル分が髪の内部に浸透していると、還元時間が倍くらいかかってしまったり、100%還元しないままストップしてしまったりします。

ですので、オイル系のヘアケア剤は、施術前3日くらいは控えたほうが、縮毛矯正がきれいにかかると思います。

特に、vivaceの縮毛矯正は、アルカリ(浸透促進剤)が入っていないため、オイルでガードされていると還元時間がかかってしまいお時間を余分に取らせてしまうことになってしまいますので。


タイミング的には、もう根元が3cm伸びていますので、縮毛矯正はいつでも大丈夫です。o(^-^)o

あとは、ボワボワ部分の髪の状態を見させていただいて、要所要所で、施術方法を工夫していけば、最善の方法となります。


アルカリの縮毛矯正では、こうした微妙な施術ができませんので、ぜひお時間のあるときにお越しください。


ダメージのハンディは、かなりあると思いますが、最善の方法で、縮毛矯正できると思います。 o(^-^)o


詳しくはこちらへ→ 弱酸性 縮毛矯正 デジタルパーマ 松戸 柏 美容室 VIVACE

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hair-vivace.com/mt/mt-tb.cgi/38

コメントする

このブログ記事について

このページは、vivaceが2009年12月 2日 14:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「クセが伸びにくい方でも、アルカリの強い矯正に頼らないで (^-^)」です。

次のブログ記事は「縮毛矯正やデジタルパーマ後のコールドパーマは可能?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。