縮毛矯正&ヘアカラーのご質問

| コメント(0) | トラックバック(0)

栃木のブッチ様からの、縮毛矯正&カラーのご質問

栃木のブッチ様からの縮毛矯正&ヘアカラーのご質問
...........................................................................................................................................................................

Posted by ブッチ

初めまして!
栃木に住んでいるのですが近々そちらで縮毛矯正の予約をしようと思ってるのですが、その前に‥
 私は強いくせ毛(縮毛)が悩みで、もう何年も(10年以上)縮毛矯正とカラーをし続けているんですが、
もう痛みがハンパなく、縮毛もカラーも恐ろしくて半年くらい美容室に行かず放置し‥伸びた部分のゴワゴワと痛みのゴワゴワとカラーの退色andプリン状態で
大変なことになっているんですが‥ そんな頭もどうにかなるでしょうか?すがる思いです(T_T)

.............................................................................................................................................................................


ブッチさん、はじめまして。

ご質問ありがとうございます。

カラー&縮毛矯正をする上で、通常の施術では、クセが伸びにくい髪質なのでしょうね・・・


■まず、傷みの原因ですが、文面から、硬い毛質のいクセっ毛と思われますが、下記のような原因が考えられます。

(髪が、肩くらいと想定しますと、過去3年(36センチ前後)くらいの施術内容が影響しています。)

半年放置、ということですので、カラーを半年分の新生部のみリタッチして(伸びたところ限定で染める)、

縮毛矯正は、アルカリの入っていない髪を膨潤させない薬でかければ、根元の6センチはツヤとみずみずしさが残しながら、クセを伸ばすことができます。

ごくまれに、一回の施術では、十分に還元(クセをほどく)しない髪質の方がいらっしゃいますが、その部分は次回に繰り越しが出来ますので、(弱酸性縮毛矯ですと、髪を膨潤させないため、還元不足を次回に繰り越しても、傷みは心配しなくて大丈夫なため)ご安心ください。


■あとは、中間~毛先ですが、クセの伸びにくい方の多くは、過去のアルカリの縮毛矯正で施術の際、「アルカリ膨潤はするけれど、還元が不十分」という現象が繰り返されていると考えられます。

アルカリは、髪を溶かす作用があります。

強いものでは、「除毛クリーム」や「パイプユニッシュ(排水溝の髪を溶かす洗剤)」などがあります。

もちろん、パーマや、縮毛矯正、ヘアカラーでは、そこまで強くないアルカリが入っているのですが、回を重ねてしまうと、溶ける一歩手前の硬いチリチリ状態までになってしまいます。

そこまで行くと、カットして、その部分を取り除かないといけないのですが、その手前(濡れるとクセの波があり、乾くとチリつく)くらいの部分は、弱酸性の縮毛矯正一回の施術でも、だいぶ良い感じになります。

また、その下の傷んでいる部分も、「カラーはリタッチ、縮毛矯正はアルカリに触れさせない」、と徹底していけば、何か月かに一回の縮毛矯正の間には、だんだんとカットしていきますので、必ず傷みは減っていきます。


■また、カラーの褪色部分は、ヘナ、または、アルカリの入っていないヘアカラー剤で、トーンダウンすれば、明るくする力のあるカラー剤で毛先まで塗ってしまうよりも、格段にダメージは減ります。

「明るくするカラー」=「脱色力がある」=「アルカリ(ヘアカラー1剤)、と 過酸化水素(ヘアカラー2剤)で、ダメージが大きい」

となっていますので、美容師さんの安易な、

「毛先が褪色してますので、毛先まで染めておきますね~♪」 

は、実は怖いのです。 

(ちゃんと根元と毛先で薬液を変えているかを確かめないと)

美容師さんも、毛先までアルカリに触れさせることに、違和感も、罪悪感も無い人も多いので。 

(ただ単に、ダメージへのプロセス・原因を知らないだけで、わるぎはないのですが・・・)

 

●上記のような、感じで、1年くらいのスパンで見ていただければ、必ず髪は良くなっていきます。

「今までチリチリなのに、ほんとに治っていくの~?」っと、信じられないとは、思いますが、

■「ホームカラーは、絶対しないこと」

■「美容室のカラーでも必ず新生部のみ染める」

■「褪色部と染める場合は、何回かに一回のみにして、かならず弱酸性~中性カラー or ヘナで」

■「縮毛矯正も、アルカリを用いず、2回目以降は、リタッチのみ」


と、必要なことを守っていただければ、必ず、ご自分の髪が良くなっていくことの実感を感じられると思います。


☆縮毛矯正は、決して怖いものではありません。

でも、傷ませていることに気づいていない美容師さんが多いことは、とても怖いことです。


そして、「縮毛矯正は傷むもの」と、いうイメージがあることと、

チリチリに傷んでしまった方々が日本中に大勢いらっしゃることを、とても残念に思います。


栃木からですと、とても遠いですが、往復の数時間分の嬉しさと、その後の毎日の何百時間のも「お手入れ時間の短縮」を考えると、ぜひとも、施術させていただきたいと思います。  (*^-^*)


詳しくはこちらへ→ 弱酸性 縮毛矯正 デジタルパーマ 松戸 柏 VIVACE

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hair-vivace.com/mt/mt-tb.cgi/40

コメントする

このブログ記事について

このページは、vivaceが2009年12月 2日 15:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「縮毛矯正やデジタルパーマ後のコールドパーマは可能?」です。

次のブログ記事は「過去の縮毛矯正の傷みでのご相談」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。