過去の縮毛矯正の傷みでのご相談

| コメント(0) | トラックバック(0)

過去の縮毛矯正の傷みでご相談のお客様です

f3dbd8c3.jpg

先日、インターネットでvivaceを見つけていただいて、ご来店いただいたお客様です。

2008年3月~2009年4月の過去のカラーや、縮毛矯正のデータを書いて持って来てくださいました。 (^-^)

http://www.hair-vivace.com/kyousei21.4.28.html

こうして、過去の施術が見えると、傷みの原因などもわかりやすいですね。

ありがとうございます! (^^)


カラーは、リタッチだけのようですので、最低限のダメージで抑えてますね。

(12/28の M3Dカラーは、全体塗布ですので、このカラーの時は、アルカリ過膨潤のダメージがありますが。(>_<))


傷みの主な原因は、過去の縮毛矯正と、上記のM3Dのカラーですね。


クセがほどけにくいため(還元しずらい)、縮毛矯正剤の中の、還元剤が効く前に、アルカリ剤(還元剤が浸透しやすいように髪をふやかせる役目)が効いてしまっていたのでしょう。

毎回、クセが完全にほどける前にアイロン行程に入ってしまうため、傷みは進んでも、クセが伸びない状態という悪循環になっていたようです。


M3Dの縮毛矯正も、アルカリで膨潤させて還元剤を効かせる処方ですので、コーティング工程があっても、通常の縮毛矯正の仕組みと、なんら変わりません。

Mr.ハビットもそうでしたが、テロテロにアルカリ膨潤させてからコーティング剤に頼る、という処方では、結局いつになっても「素の髪でもサラサラきれい☆」には、なりません。

 

大切なのは、アルカリになるべく触れさせず、クセをほどくことです。

 


過去のアルカリ過剰膨潤の傷みは、徐々にカットしていかないといけませんが、「クセの残り+アルカリ過剰膨潤によるチリチリ」の部分は、1回の施術でだいぶ改善できることも多いです。

(髪は、皮膚と違って再生しませんので、「ダメージが治る」というわけではなく、「お手入れしやすいように改善する」、という意味です。)


■写真のお客様は、ご来店時、左のようにバックの内側に過去の縮毛矯正で伸びきっていないクセがありました。

その他に、全体的に、「過去の縮毛矯正」と「M3Dカラー」による、アルカリ過剰膨潤が重なり、チリチリになっていました。


見ただけでは、判断が難しいですが、チリチリ部分が、「クセの残り+アルカリ過剰膨潤によるチリチリ」 であれば、「大きなチリチリ」を、「小さな目立たないチリチリ」に改善できる可能性も大きいです。


基本的には、アルカリ過剰膨潤でのチリチリは、もう髪のダメージに耐えられる限界を超えてしまっているので、治らないと思っていただいたほうが、いいです。


でも、上記のように、「大幅に、切ってしまう前に、ラストチャレンジ! o(>_<)o 」

というスタンスの場合は、アルカリを用いない縮毛矯正で、やってみる価値は、十分にあると思います。

また、新生部付近の、髪も、最小限の傷みでクセを伸ばせるので、後々のことも考えると、一回でもアルカリに触れる回数を少なくしたほうが、絶対にいいです。

短く切った髪を、また伸ばすのは、苦労しますからね。 (+_+)

 

vivaceでは、アルカリ剤を用いないでも効果を発揮する還元剤(=弱酸性縮毛矯正剤)で、クセを伸ばします。 (^-^)

ちょっとお時間はかかりますが、クセがほどけにくい方でも、アルカリ膨潤させずに、クセをほどくと、自然な「水分」と「栄養分」と「弾力」を保ちながら、きれいなストレートにできます。


■右の写真は、今回の施術後です。

いつも、美容室で縮毛矯正をした時は、美容師さんがアイロンで伸ばして仕上げていたそうですが、

(クセが伸びていないから、そうするのですが・・・(>_<))

今回、この施術後の写真は、ハンドドライのみです。

もちろん、傷みが「治った」わけではありませんが、内側のクセもちゃんと伸びて、傷みも目立たなくなって、だいぶきれいになりました。 (^o^)


ちゃんと、クセが伸びていれば、施術後にアイロンなんて使わなくていいのです。

もちろん毎日のセットのときも、ハンドドライだけで、OKです!


やっぱり、「素の髪でも、サラサラ」 が一番。


今傷んでいる方も、「アルカリ縮毛矯正」&「アルカリカラーの重なり」での、悪循環から抜けだせば、「素の髪でも、サラサラ」になっていきます。


髪は、1か月に1cmしか伸びませんからね。

大切にしなければ、いけません。


これから、湿度が多くなって、髪がまとまりずらくなる季節です。


ぜひ、今年の夏は、「脱・アルカリ過膨潤」 でいきましょう! o(^▽^)o


詳しくはこちらへ→ 弱酸性 縮毛矯正 デジタルパーマ 松戸 柏 美容室 VIVACE

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hair-vivace.com/mt/mt-tb.cgi/41

コメントする

このブログ記事について

このページは、vivaceが2009年12月 2日 15:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「縮毛矯正&ヘアカラーのご質問」です。

次のブログ記事は「縮毛矯正の写真」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。