縮毛矯正~硬毛でクセの強い髪の施術~

| コメント(0) | トラックバック(0)

硬毛で、クセの強い髪のお客様

74ac73d9.jpg

東京都葛飾区からご来店いただいたお客様です。

定期的に縮毛矯正されているそうですが、太く硬い髪質のため、「強い薬だと傷んで」、「弱い薬だと伸びない」という繰り返しだったと思います。

vivaceでは、「還元力(クセを伸ばす力)は、あり」、「アルカリ膨潤させない」お薬を使います。

通常は、

■「硬く強いクセ」→「アルカリの強い薬」→「クセがほどける前に、アルカリで毛がふやける」→「クセは伸びないが、傷んでしまう」

という流れになるのですが、


vivaceでは、

●「硬く強いクセ」→「アルカリ膨潤させない還元剤(クセを伸ばす成分)」→「じっくり時間をかけて癖をほどく」→「髪の水分や栄養分・自然な弾力を失わないで、クセを伸ばすことができる」


という、処方で施術していきます。


還元剤との相性の良い髪質は、早くクセがほどける場合もあるのですが、たいていは、一般サロンより、縮毛矯正に少しお時間をおかけすることが多いです。


ですが、当日一日、ちょっと美容室にいる時間が多くても、その後の数か月間、お手入れ時間が短縮されて、自然な曲線にブローできたり、静電気の起きにくい、しっとり潤いのある手触りになったり、風になびくヘアースタイルになったり、

当日のお時間以上に、メリットも多いと思います。

(所要時間は、3時間半~5時間超です。髪質(クセの、ほどけるスピードは個人差があります)、髪の量、長さ、によって所要時間は異なります。平均すると4時間くらいの方が多いです。)


ですので、縮毛矯正の施術の日は、終了時間のタイムリミットを作らないほうが、クセの伸びに妥協しなくて済むと思います。


髪は1か月で1cmしか伸びないので、完全に傷みが無くなるまでは期間がかかりますが、根元3~4cmの新生部でも、アルカリ過膨潤の無い縮毛矯正の感触の違いは実感していただけると思います。


このあいだ、ブログに書きました、枝毛のカットや、ダメージ部を拾いながらカットする技法を組み合わせれば、意外と短期間で、傷みのジャリジャリ感から脱出できるかもしれません。


傷ませたくない方も、傷んでしまってどうしよう(>_<)、 という方も、ぜひ一度、ご相談ください。

 (^O^)



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hair-vivace.com/mt/mt-tb.cgi/55

コメントする

このブログ記事について

このページは、vivaceが2009年12月 2日 17:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「根元がふんわり立ち上がる縮毛矯正」です。

次のブログ記事は「丸みの出る縮毛矯正」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。