伸びにくい髪質の縮毛矯正の事例

| コメント(0) | トラックバック(0)

伸びにくい髪質の縮毛矯正の事例

3c742a59.jpg

このお客様も、今回初めてvivaceで縮毛矯正をしていただいたお客様です。

半年ちょっと前に、縮毛矯正して、その前も、何回かしているそうですが、いつも伸びが悪く、ストレートアイロンに頼ってしまうそうです。


ストレートアイロンで、クセ毛を何度も高熱にさらすと、クセのウェーブが、固まってしまい、縮毛矯正が効きにくくなります。
(タンパク質の熱変性によるクセの固定)

その上、いつもしている縮毛矯正が、おそらくアルカリの一般的な矯正剤だと思いますので、クセがほどける前にアルカリ膨潤が進んでしまい、髪がとけそうになり、すすいでアイロン工程に入ってしまうようです。

髪は細く、クセが強いので、アルカリに対しての耐性が弱く、早く悪循環から抜けて中間~毛先のダメージを止めないと、全体的にチリチリした質感になってしまいます。

アルカリの入っていない、違う種類の還元剤(クセをほどく成分)の縮毛矯正剤で、部分部分の還元の進行具合を見ていきました。

中間~毛先も、クセが残っていますので、時間と、塗布量に差をつけながら、全体的に還元していきます。


一通り薬を付けてけていくと、還元の進みのスピードが見えてくるのですが、一見伸びたように見えて、実はまだ伸びていない髪質のようです。

かすかな、ウェーブが、取れずに長時間残ります。

じっくり待って(これが、髪質によっては時間がかかるのです)、トップのほうが十分還元されたので、次の工程に入りました。


~~~~~

仕上がりは、上のほうは、きれいに伸びているのですが、やはりストレートアイロンで日ごろスタイリングしている部分は、若干うねりが残ります。

でも、いつもの縮毛矯正よりは、だいぶクセが伸びていると思います。

やはり、上の方は、きれいに伸びているのですが、下の方(特に日頃アイロンをしていた部分)は、若干のうねりは残っています。

この部分は、次回のとき、再還元してみてもいいですし、深追いしないで、カットしながら減らしていってもいいと思います。


モデルさんや、芸能人の人は、「その日のスタイリング」が重要ですが、一般の方々は、日ごろのお手入れは、「簡単に」「きれいに仕上がる」ほうがいいと思います。

そうなると、日ごろのストレートアイロンや、コテも、大きなハンディキャップになってきます。


長い目で見ると、スタイリングしやすい、パーマや縮毛矯正が、きれいにキマルのは、アイロンで、高熱に髪をさらさない方がベターだと思いますので、ちょっと頭に入れておいてくださいね。


イオンが出るものでも、蒸気が出るものでも、多かれ少なかれ、髪のダメージに影響が出てきます。

 

ダメージの少ない状態は、ほんとにお手入れ簡単です。

パーマにしても、ストレートにしてもです。


これから、乾燥する季節になりますからね。

髪本来の、水分を残すには、できるだけ、アルカリに髪を浸さないことです。

アルカリに触れる回数が少なく、還元も適正であれば、髪は「ぷるんっ」と水々しい自然な弾力が残ります。


縮毛矯正では、ブローで丸みをつけやすくなったり、デジタルパーマでは、カールのリッジ(カールの横幅)が大きく出せます。


「傷んだらトリートメント」 という発想でなく、「傷んでないから、あんまりトリートメントに頼らなくていい」 という発想にしていきましょう!!


詳しくはこちらへ→ 弱酸性 縮毛矯正 デジタルパーマ 松戸 柏 美容室 VIVACE

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hair-vivace.com/mt/mt-tb.cgi/63

コメントする

このブログ記事について

このページは、vivaceが2009年12月 2日 21:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「縮毛矯正毛へのデジタルパーマ」です。

次のブログ記事は「市販のストレートパーマ(縮毛矯正)で、チリチリに・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。