八王子から、縮毛矯正+デジタルパーマのお客様

| コメント(0) | トラックバック(0)

八王子から、縮毛矯正+デジタルパーマのお客様

遠くからありがとうございます。

八王子から初めてご来店の、縮毛矯正+デジタルパーマのお客様の施術例です。


○デジタルパーマは3回目。1回目は2年半前、2回目は2年前だそうです。

○1回目のデジタルパーマは、しっかりかかったのですが、2回目はパサパサしてカールが出ず、上手くかからなくて「もうデジタルパーマはかけない!」と思ったそうですが、今回2年空けて再チャレンジ。インターネットでvivaceを見つけてくださったそうです。

○長さは肩下くらいでしたので、2年前(24センチ髪が伸びている)なので、ほぼデジタルパーマ部分は無くなっていると予想されます。

○でも、その後の何回かの縮毛矯正と、カラーのアルカリの重なりで、バックの表面と、サイドの中間~毛先にチリツキがありました。


☆今回は、まだこれまでのアルカリの縮毛矯正と、ヘアカラーのアルカリのダメージがあるので、今回、弱酸性のデジタルパーマで施術して、最小限の負担で行っても、本来のノンアルカリでの縮毛矯正+デジタルパーマの良さを、まだ最大限発揮できないことはお伝えしました。

(カラーの際にも、ノンアルカリのカラーで毛先を染めたり、根元のみ染めたり工夫すれば、継続的なカラーでの傷みも軽減できますし、今後ダメージを抑えながら髪を伸ばしていった場合は、もっとデジタルパーマの仕上がりが良くなります。)

☆太めの28mmと、この長さで標準の23mmのロッドで迷ったのですが、持ってきていただいたイメージの写真を見ると、28mmのほうがご希望に近いので、28mmで巻くことにしました。

☆縮毛矯正に関しては、新生部と、過去の縮毛矯正でまだ残っているクセを、薬液塗布時間に差をつけて調整しクセをほどきました。


結果は、まだ若干サイドと、バックにカサつきはありますが、思ったよりカールはしっかりときれいにでました。よかったよかった。

最後のすすぎときに、一昨日のブログに載せた、リバイジングプラスをつけてみました。

こういった髪の状態にもとても有効です。

アルカリでの傷みのザラザラを埋めて、髪の中身のタンパク質や間充物質を補給してくれますので、デジタルパーマのカールがよりきれいにでます。

遠くからのご来店ありがとうございました。

またよろしくお願いしま~す。

 

P.S. リバイジングプラス、遠方の方は代引郵送できます。

(代金引換郵便で、送料と手数料で1500円くらい追加になってしまいますが、遠くの方にもぜひ使ってみていただきたい商品です。 うちのスタッフ、母の日のプレゼントで今日また買っていきました。)

いつもはこんな商品の宣伝しないけど、ちょっとこれはモノが違うので、ダメージが気になる人に試してもらいたくてプッシュしちゃってます・・・笑。


詳しくはこちらへ→ 弱酸性 縮毛矯正 デジタルパーマ 松戸 柏 美容室VIVACE

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hair-vivace.com/mt/mt-tb.cgi/80

コメントする

このブログ記事について

このページは、vivaceが2009年12月 3日 19:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アルカリによるハイダメージ毛への、縮毛矯正の症例 」です。

次のブログ記事は「縮毛矯正のご質問」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。