縮毛矯正が伸びにくい・・・というお客様

| コメント(0) | トラックバック(0)

縮毛矯正が伸びにくい、初来店のお客様

ff79ab64.jpg東京都江東区から、今日初めて来ていただきましたお客様です。 

遠くからありがとうございました。 (^-^)  


ここのところ、縮毛矯正がなかなか効きにくく、ハネやすくお手入れが大変だったそうです。

ヘアカラーの重なりがあり、サイドとバックのアルカリ膨潤が進んでいて、また、襟足付近のクセが多く残っていました。


おそらく今までの縮毛矯正では、十分に還元する前にアルカリで髪が柔らかくなってしまい、(美容師さんが「還元OK!」と錯覚してしまい)アイロン工程に入っていたのだと思います。

還元不足ですと、クセが残ってしまいます。

そのため、毎回、「伸びてないから、もうちょっと頑張ってみましょう」と、さらにアルカリの縮毛矯正剤を重ねてつけてしまい、「アルカリ膨潤しても、還元が不十分」というのを繰り返していたのでしょう。


この悪循環から、脱出できれば、髪は必ずきれいになります。 o(^-^)o 



アルカリ膨潤させずに還元だけすれば、じっくりと、クセがほどけるのを待つことが出来ます。   

今回は、2種類の強さの弱酸性縮毛矯正剤で、部分部分の還元状態(髪の中身の結合のほどける度合い)を確認しながら塗布していきました。


サイドとバックは、デリケートな状態でしたが、残りのクセをほどかないと、悩みは改善しませんので、優しいお薬で、緩やかに還元しました。



結果は・・・・(^-^)  


ツヤが出て、きれいに伸びました~☆


まだ、過去のアルカリダメージは残っていますが、根元から徐々に新しいきれいな髪を増やしていけば、もっともっと潤いが出てツヤツヤになっていきます。


地道に、良い髪に変えていきましょうネ!  o(^-^)o 



遠くからありがとうございました。


また、ぜひお待ちしております。 (^o^) 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hair-vivace.com/mt/mt-tb.cgi/200

コメントする

このブログ記事について

このページは、vivaceが2010年1月21日 16:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「イプランラヴェリ・マーノ・ジュレ ハンド&ネイルクリーム」です。

次のブログ記事は「「縮毛矯正+デジタルパーマ」に普通のコールドパーマをかけると・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。