ロングヘアーのヘアカラーと縮毛矯正

| コメント(0) | トラックバック(0)

2010年01月31日

ロングヘアーのヘアカラー+縮毛矯正のお客様

3a2a2079.jpgVIVACEに4年半いらしてくださっているお客様です。

いつもの通り、今日はカラーと縮毛矯正をしました。 (^-^)  


初めいらした時は、ハイトーンのヘアカラーの重なりと、アルカリ縮毛矯正の傷みで、チリつき(専門用語でビビリといいます)が全体的にありました。


・ヘアカラーでは、リタッチ(根元のみ染める)のみにしたり、トーンダウンの際には中性のヘアカラーを使ったりして、傷みを進めないようにしてきました。

・縮毛矯正では、アルカリ膨潤させない(髪をアルカリで溶けさせない)弱酸性の縮毛矯正剤で、2回目以降は根元のみ施術していきました。


今日、仕上げのとき毛先を揃えていて「きれいになったなぁ~☆(^o^) 」って思って、写メ撮らせていただきました。

4年半経つと、50cmくらい新しい髪になりますからね。

もう、毛先までいい感じになってきました。


ハイトーンの方は、アルカリ縮毛矯正では傷めずきれいに伸ばすことはできません。

弱酸性の縮毛矯正剤だからこそ、ハイトーンのロングヘアーでも、ビビらず、チリつかずに縮毛矯正が楽しめます。


縮毛矯正の傷みが気になる方は、ぜひみずみずしい潤いの残る弱酸性縮毛矯正を体験してみてください。o(^-^)o 


詳しくはこちらへ→ 弱酸性 縮毛矯正 デジタルパーマ 松戸 柏 美容室VIVACE

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hair-vivace.com/mt/mt-tb.cgi/205

コメントする

このブログ記事について

このページは、vivaceが2010年2月 2日 18:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「白髪チラホラ時のヘアカラー」です。

次のブログ記事は「5日前に縮毛矯正をしたばかり・・・その1 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。